読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USJレポ①

05/13(土)の夜から深夜バスで大阪へ→
所要時間は約9時間。途中3回ほど休憩を取りながら真夜中のドライブ🚗💨といってもほとんど寝てたけど…zzz

朝7:00時に到着
約2年ぶりのUSJ

f:id:VVHITE:20170523011435j:image

公式での開園は9:00だから2時間待ちかと思いきや、アーリーが7:45に入場開始!その15分後に一般の入場開始したので、結果1時間早い開園でした。

今回の目的は4月に新しくオープンした
ミニオンタウン!!


…ではなく、、


期間限定で行われているクールジャパン☆
その中でもエヴァ、進撃の2つは必須だったので、前もって優先的に入れる2種のエクスプレスパス(EP)を購入済み。

ちなみにコナンの謎解きもやりたかったので、
こちらのパスも別途購入済み。

8:00に入園し、パスの時間まで空きがあるので、ドラクエの整理券を取りに行ったが、この日は整理券の配布はなく、スタンバイのみの案内。アトラクションの開始が9:30なので、どんなに早くても90分待ち…

はい、やめました、、

そのまま奥へ進むと、エヴァが、30分待ち…
あとに乗る予定だが、30分につられてスタンバイ→乗車。終わって一言、素晴らしい!!
これは2回…いや、何回でも乗る価値がある!

⏳⏳

その後、園内を周りながらジュラシックパークへ。2年前にはなかったコースター『ザ・フライングダイナソー』スタンバイが40分、シングルライダーが30分待ち…

シングルでいきます。

はじめに言いますが、僕は絶叫が苦手です。
陸や海は平気だが、ガッツリの絶叫は苦手💦
以前にFUJIYAMAにも乗ったが、顔が死んでいたらしい💨

ちょっと話が脱線したので戻します🔃
ダイナソーに並んだのは、怖いよりも乗ってみたいという好奇心が勝ちました。

徐々に乗り場に近づくにつれ、並んだことを後悔し始めた…正直怖い…でもここまで来たからと言い聞かせ、乗り場へ案内されました。

…って!!まさかの一番後ろ💨💨💨
座席に座った途端、急に不安になってきた…
安全バーを下ろし…もう逃げられない…
座席がうつ伏せ状態に…
もうダメかも…

人の気持ちとは裏腹にコースターは上昇⤴⤴
下には手を振るギャラリー、景色は綺麗✨
頂上が近くなり、緊張感MAX…
一番後ろなので昇りきる前に加速→→💦
そのままの勢いで落下⤵⤵

あとはされるがままに振り回され終了。
怖かった…でも不思議とクセになるかも🌠


f:id:VVHITE:20170523011825j:image

ONE ON ONE

♪ONE ON ONE(田中聖&中丸雄一)
これはKAT-TUNにとって特別な思いのある一曲。2001年に結成されたKAT-TUN。しかし2003年結成&デビューしたNEWS。2002年結成、2004年にデビューした関ジャニ∞KAT-TUNよりも結成の遅い2グループが先にデビューしたときの葛藤が歌詞に表れている。

"胸に刻み込む5年の月日
DEEP IN MY HEART
もうやるしかない 超えるしかない
GO BACK TO THE BASICS
掻き分けて MAKE A START
DON'T YOU UNDERSTAND IT?
先を行ったはずが 置いてけぼり
今が全てじゃない
わかるだろ? 強く ただ強く望むんだ
上へ…時は来た"


f:id:VVHITE:20170128074931j:image

この歌詞からも読み取れるように、先に結成されていたにもかかわらず、NEWS、関ジャニ∞と立て続けに2グループがデビューした。メンバーがジャニーさんに真意を聞いた。しかし、ジャニーさんは、KAT-TUNはまだその時ではない。とのこと。

そして結成から5年が経った2006年。ようやくデビューが決まった。その経緯を踏まえて歌詞の英語の部分を訳して考えてみると…

"心の奥深くに刻み込まれた5年の月日。
基本に戻って、もうやるしかない
(2グループを)超えるしかない
掻き分けて始めよう
理解しているだろ?
先に結成したはずが 置いてけぼり
そんな今が全てじゃない
強く ただ強く(デビューを)望むんだ
頂点ヘ…
その時は来た!"

現在デビュー10周年。残念なことに充電期間中のアニバーサリーイヤーとなった。デビューからスターへの階段を一気に登り詰めたKAT-TUNだったが、その道のりは決して平らなものではなかった。そのあたりはまたの機会に。

 

※画像は拾い画です

KAT-TUNのソロ曲について

KAT-TUN3人のソロ曲を個人的に好きな曲ベスト3を一言コメント付きで書きます。()内は収録されているCDタイトル。


f:id:VVHITE:20170120141857j:image

 ☆亀梨和也
①1582(Break the Records)
織田信長をイメージして作られた曲。初めてコンサート行ったのも09年の惑星魂だったから記憶に残ってる。タイトルの1582は織田信成が絶命した年。

 ②絆(青春アミーゴ
ドラマ「ごくせん」の挿入歌だったこともあり、デビュー前から知っていた曲。DREAM BOYSでも歌われていて一番耳にしていた。

 ③Emerald(Come Here)
これは単純にイントロから好きな曲。
亀本人が作詞をしている。

 

 ★中丸雄一☆
①WHITE WORLD(Break the Records)
中丸君の柔らかい歌声が見事に曲に合っている。

 ②STEP BY STEP(CHAIN)
これは歌ってみるとわかるが、かなり難しい曲。でも何度も歌いたくなる一曲。

 ③FILM(NO MORE PAIИ)
中丸君の歌は基本的に難しい曲が多い。
この曲はサビ後半の部分のブレスのタイミングが難しい…

 

 ☆上田竜也
すみません!

上田君だけはベスト5まで書かせていただきます。

①Love in snow(KAT-TUN Live 海賊帆)
音源化はされていないが断トツで好きな曲。
デビュー前のコンサートDVDに収録されている。
今の上田君が歌う日はもうないのかな…

 ②花の舞う街(Break the Records)
本人作詞。曲も歌詞も全部が好き。Love in snowもそうだが、本人が作詞をする際、歌詞になるべく英語を使わないという。

 ③ART OF LIFE(Come Here)
とにかくワイルドな曲。
コンサートでもド派手な演出で沸かせてくれる。

 ④~again(CHAIN)
本人作詞。again=もう一度。という意味が込められ、女性目線の切ない気持ちが描かれている。

 

⑤MONSTER NIGHT(楔-kusabi-)
これは上田君の中ではトリッキーな曲のひとつ。
某テーマパークで流れてきそうなハロウィン感満載の曲。PVでは狼男に扮した館の主を演じ、元メンバーの田口淳之介が友情出演している。

2017年

ブログを始めました。
一発目の今回は自己紹介から_✏

名前→MR.WHITE (本名非公開)
性別→男
住み→静岡県
年齢→20代後半
好き┳♦プロレス観戦(ドラゴンゲート他)
  ┣♦ジャニーズ(NEWS、KAT-TUN他)
  ┗♦ディズニー(映画よりリゾート派)

とりあえず簡単にしました(^^)v
基本的に「好きなもの=趣味」のことを書いていくので趣味が合う人に読んでもらえたらと思います。

マメに更新できるよう頑張ります!