日常と非日常の記録

29歳の男です。ここでは趣味(ジャニーズ、ディズニー、プロレス)を主に書いてます。ライブ・ディズニーパーク・プロレス観戦など非日常空間でのレポや想いを綴っています。

VS5 in 東京


08/15(水)A.B.C-Z Love Battle Tour 2018
東京公演(13:00~)に行ってきました。

場所は東京国際フォーラム

f:id:VVHITE:20180905195149j:image

 

 

会場には多くの花が届いてました。

f:id:VVHITE:20180905195207j:image

 f:id:VVHITE:20180905195211j:image
※一部です。

 


今回は短編になるかと思います。


前回の名古屋公演から変更というか追加された点があった。それは新曲が発表され、セトリに追加されたこと。その新曲は東京ジョイポリスとのコラボ曲「JOYしたいキモチ」。


すでに歌番組でも披露されている。

 

この1曲が追加されたこと以外は内容は同じなので、出来事だけを書くことにする_✏


この公演にメディアが来ているので翌日のWSをチェック。見てたらやりました✨


MCにてJr.が見学に来ていると紹介があった。

🔻京本大我 (SixTONES)
🔻宮近海斗 (Travis Japan)
🔻川島如恵流 (Travis Japan)

見学者は以上3名。

f:id:VVHITE:20180905200614j:image


もう一つMCにて、今回のツアーでNEWSの衣装を手掛けるまっすーが衣装を1着プロデュースしていると大々的に発表。おそらく各会場のMCで言っていると思うが、メディアの前で言ったのでWSでも取り上げられていた。見たらすぐにわかると宣言する河合君の言うとおり、すぐにわかった😂😂

まっすーーーって感じ💡笑

f:id:VVHITE:20180905200623j:image

 


相変わらず橋本&五関の曲はカッコいい❗❗
戸塚&塚田&河合の曲は会場全体を巻き込んでたなぁ😄


WSでやったので書きます。

毎回メロディー先生(塚ちゃん?)振り付けのダンスがちゃんとできてないとメロディー先生からお仕置きがあります。この日のお仕置きはパンスト相撲💥

 


ここで誰がやるかと…
1人はNGなしの河合君😁笑
対戦相手は…メロディー先生🎵🎵

 


アイドル2人が大勢のファン&メディアの前でパンスト相撲をやっている。


勝負の行方は……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝者メロディー先生⤴⤴⤴
言い出しっぺのメンツを守った✨✨笑

 

 

 


その後もライブは続いたが、そんな中ハプニング(?)が💦💦メインモニターに映った塚ちゃんがフリーズ💦


モニターは塚ちゃんのアップで止まってしまった💨しかし会場とメンバーは大爆笑😆❗


しばらくしてモニター回復☀
その後は通常通り稼働していた📺❇


今回の席では落下物&銀テープは取れなかった💦💦でも名古屋で取れたからいいか😄🎵

 

 

こうしてA.B.C-Z今年3回目のライブは終わった💡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


追伸
一つ前のブログで両国にプロレスを観に行ったことを書いたが、その日に渋谷のTSUTAYAへ行き、昨年公演したジャニーズ伝説の衣装&パネル展示を見てきたので貼っときます。

f:id:VVHITE:20180905194932j:image

 
f:id:VVHITE:20180905200014j:image

飛翔レポ【7~メイン】

♦第7試合♦

f:id:VVHITE:20180903163646j:image

ノアvsDDTという構図になった。ノア軍は世代闘争により手を組み始めた拳王&小峠に反体制になったマイバッハが加わる。対するはDDT大社長・高木&DDTのエース・HARASHIMA、ゲイレスラー・男色ディーノの3人。入場からディーノは大興奮。スリルが流れる中、客席から登場したディーノは手当たり次第男性客にキス攻撃…リング周りを一周し解説席の小橋さんの前で立ち止まる。嫌な予感は…的中。小橋さんへキスを迫る…本気で抵抗する小橋さんはディーノへ逆水平を一撃。悶絶するディーノはリングイン。ノア軍の入場。小峠は革命マント着用し客席を走り回ってからリングイン。ようやく試合が始まる。この試合中、解説席には森嶋猛の姿が。ディーノの世界に巻き込まれていくノア軍。ディーノは小峠へ男色殺法。タイツを下げ、Tバック1枚になり男色ナイトメア。マイバッハへのリップロック(キス攻撃)は全く効果なし。マイバッハポーズで振り払われた。試合終盤、拳王&小峠も連携を見せるが、実力者の高木&HARASHIMAも負けてはいない。小峠が捕まり、HARASHIMAは小峠を担ぎ上げ、ディーノのケツへ押しつけてから山折り。

f:id:VVHITE:20180903174309j:image
最後は蒼魔刀(走り込んでの両ヒザ蹴り)で3カウント。

 

 

セミファイナル♦

f:id:VVHITE:20180903163148j:image

現ヘビー、ジュニア王者組の杉浦&原田組の対戦相手は秋山準青木篤志の全日本組。しかし、ただのタッグ戦ではない。ノア旗揚げから参加し、ノア四天王の一角だった秋山、丸藤とGHCジュニアタッグ王座を獲得したことのある青木。ノアファンにとっては思い入れのありすぎる闘い。秋山&青木退団後にノア入団した原田にとっては初対決となる。杉浦のエルボーと秋山のヒザ。一進一退の攻防が続き、青木と原田もジュニアとは思えない攻防を見せる。試合終盤、コーナーにもたれかかる杉浦に秋山が連続のヒザ。杉浦も負けてない。逆に秋山をコーナーへ追いつめ、杉浦もヒザ攻撃。奇しくも同じ技を得意とする2人。原田にも王者としての意地がある。秋山、青木に真正面から向かっていく。何度倒されても立ち上がり、攻め続ける。青木の絞め技にも耐え、アサルトポイントは防ぐ。最後は杉浦vs秋山。試合時間は残りわずか…秋山はエクスプロイダー、杉浦は投げっぱなしジャーマン。杉浦の手首を掴みリストクラッチエクスプロイダー。杉浦は肩を上げる。青木は場外の原田にトペ・スイシーダ。秋山は奥の手を出そうとするが、杉浦もさせない。スピアーで動きを止めオリンピック予選スラム。しかし3カウントは入らない。ここで試合終了のゴング。注目の一戦は30分時間切れ引き分けとなった。


♦メインイベント♦

f:id:VVHITE:20180903163204j:image

メインイベント。WWEからヒデオ・イタミがノア初参戦。以前はKENTAとして丸藤とイケメンタッグを結成しプロレス大賞ベストタッグを受賞。丸藤、KENTAブランドはノアを語る上で絶対に外せない。初代GHCジュニアタッグ王者となり9度の連続防衛は未だ破られていない。ベルトを奪われチームは解消。丸藤は白GHC王者となり、KENTAは金丸を破り初のシングル王者となる。丸藤が秋山を破りGHC王座を獲得し、グランドスラムを達成。ヘビー級王者として挑戦者KENTAを迎え撃った。ジュニア同士のヘビー級の闘いで年間ベストバウトを獲得した。その後、丸藤とKENTAは別のユニット(丸藤はBRAVE、KENTAはNMC)に所属し、対角線上に立ち続けた。2014年5月14日、KENTAノアラストマッチでは当初決まっていた対戦カードを変更し、タッグを組んだ。2014年にノアを退団。現在は海を渡りヒデオ・イタミの名でアメリWWEで活躍している。あれから4年…それぞれ別の道を歩み、再び同じリングに立つ。丸藤正道の20年の全てをぶつける相手はヒデオ…いや、KENTAしかいない。

f:id:VVHITE:20180903173130j:image
物凄い紙テープの量がこの試合の期待度を物語っている。試合は静かな立ち上がりから、以前の感触を思い出すかのような展開。ジュニア戦士だった2人がヘビー級と渡り合えるようになり、一発一発が重くなっている。ヒデオは蹴りを主体とするスタイル、丸藤も空中技主体からパワーファイトも展開するようになっている。場外戦になり、鉄柵を越えたヒデオ。丸藤は鉄柵を動かし、距離をはかる。過去に鉄柵越えのケブラーダを放ち、顎を鉄柵に打ち付けたこともある。その技を出そうとしたが、ヒデオに阻まれた。リング外での攻防も見逃せない。エプロンでのパイルドライバー、これは背中を打ち付ける形となった。コーナートップに登るヒデオの顔面にトラースキック。丸藤も登り、不知火・改。カウントは2。G2S(go 2 sleep)を狙うが、丸藤もさせない。トラースキックのバリエーションも多く、見えないところから蹴りが来ることもある。ヒデオに正調の不知火。丸藤は虎王(飛びヒザ蹴り)を狙うが、ヒデオは下から飛びつき三角絞めからGAME OVER。ロープへ逃れた丸藤。距離をとるヒデオ。立ち上がった丸藤にブサイクへのヒザ蹴り。重い逆水平を打つ丸藤。正面から受けるヒデオ。以前から使っているスワンダイブ式ミサイルキックからコーナーの丸藤の顔面へドロップキック2連発。ダイビングフットスタンプは腕狙い。勝機とみたヒデオは抱え上げG2S。しかし、丸藤も肩を上げる。片膝立ちの丸藤の顔面を何度も蹴り上げるが、丸藤も虎王で反撃。ヒデオもGAME OVERでギブアップを迫るも奪えない。試合時間は30分が経過。バズソーキック連発も丸藤は3カウントを許さない。強引に担ぎ上げて再びG2S。丸藤も反撃に出る。虎王とトラースキックを連発。怒涛のラッシュも3カウントは奪えない。腕極め式虎王を後頭部に打ち込む。起こしたヒデオにポールシフト式エメラルドフロウジョンで3カウント。見事20周年を勝利で飾った。

f:id:VVHITE:20180903173649j:image

試合後はノーサイド。互いの健闘を称えあい握手から抱擁。丸藤、KENTAブランドに新たな1ページが加えられた。




✏✏感想✏✏
やはり試合は生で観るのが一番❗しばらく観戦から離れていたけど、久々に会場の雰囲気を体感した。個人的にはセミファイナルの杉浦-秋山の続きは絶対あると思ってる❗せっかく交わったのだから引き分けのまま終わってほしくない。原田-青木のシングルも見てみたい。ノア vs 全日本のこれからが楽しみ😆😆それと他にも続きが見たかったのが…拳王 vs HARASHIMA。ノアvsDDTも面白い✨

ノアの新時代を作る拳王とDDTの絶対的エースのHARASHIMA。2人のシングルもぜひ見たい⤴⤴

 

メインはどちらが勝ってもおかしくない試合だった。丸藤、ヒデオともに全ての技を出し、全てを受けきった上での丸藤の勝利だった。時を越え再び同じリングに立った、丸藤 vs KENTAが見れたのは行ってよかったと心から思う。この2人の闘いはこれからも続いていくので、次もまたこの目で見れることを願っている。

  
f:id:VVHITE:20180903173850j:image

 

丸藤選手20周年おめでとうございます‼

 

 

飛翔レポ【1~6試合】


9.1(土)東京・両国国技館

丸藤正道デビュー20周年記念大会「飛翔」
f:id:VVHITE:20180903162153j:image


久々の観戦でした。
ブログでは初の観戦レポになります_✏


実はジャニーズを好きになる前からプロレスは好きでした✨初観戦は今から23年前になります…最初に観たのは全日本プロレス

f:id:VVHITE:20180903162206j:image
※写真は翌年1996年のものです

 

この話は話せば長くなるので今回は省略します💡

 

 

ではレポ始めます。会場の中にはスポンサーパネルと多くの花がありました。
f:id:VVHITE:20180903162235j:imagef:id:VVHITE:20180903162254j:image

f:id:VVHITE:20180903162306j:image

f:id:VVHITE:20180903162312j:image

f:id:VVHITE:20180903162329j:image
 ※花は一部です

 

 

これだけでも丸藤選手の人望が伺えるが、対戦カードを見ればさらにわかるので試合順に書いていきます✏_✏席が遠く写真が見にくいと思うので、翌日に放送されたテレビを写メしたものを貼っていきます。

 


選手の敬称は略させて頂きます。

 


♦第1試合♦

f:id:VVHITE:20180903162441j:image

オープニングマッチは百田&菊地組のベテランコンビに新人・宮脇が挑む一戦。両国にロッキーのテーマが鳴り響き、百田&菊地組の入場。百田&菊地はかつてノアで活躍した選手。百田は実に9年振りにノアのリングに上がる。最後はヨネがあのアニメで有名なキン肉バスターで3カウント。
f:id:VVHITE:20180903162458j:image


♦第2試合♦

f:id:VVHITE:20180903162531j:image
ダークエージェント復活❗対するは全員が50歳を越える大ベテラン組。かつて杉浦も属していたダーク軍は持ち味を出しながらも、6人の中で誰よりも元気な越中がダイビングヒップアタック2連発で勝利。


♦第3試合♦

f:id:VVHITE:20180903162558j:image
ワイルドハート・大森がノアマットに凱旋。
対するはストーム&タダスケの新生ノア軍のメンバー。ストーム、タダスケラリアットの使い手ではあるが、最後は大森の斧爆弾・アックスボンバータダスケから勝利。


♦第4試合♦

f:id:VVHITE:20180903162612j:image
当初はレッスル1社長・カズ・ハヤシと副社長・近藤修司のチーム246PRESIDENTSの予定だったが、カズの負傷欠場により代役として黒潮"イケメン"二郎が参戦。福山雅治のHELLOに乗って入場したイケメンは観客の心をガッチリ掴んだ。冷静沈着だが怒ると手がつけられなくなる近藤とレッスル1の人気者イケメンのタッグは魅力的だった。HAYATAYO-HEYは昨年ノアに入団し、金髪夫婦としてジュニアタッグリーグ2連覇する実力派タッグ。コミカルな動きのイケメンに翻弄されつつも、連携で攻め込む金髪夫婦。YO-HEYはかつてドラゴンゲートに所属し、直接的な対戦はないが近藤の後輩にあたる。素早い動きを見せるが近藤のパワーの前に失速。最後は必殺のキングコングラリアットで後輩YO-HEYか3カウント。


♦第5試合♦

f:id:VVHITE:20180903162626j:image

現在進行形のノアジュニアに鼓太郎が古巣復帰となる試合。鼓太郎以外の5人は現在ノアジュニアで闘いを繰り広げている。ノアを去り現在フリーとなりいくつもの団体でベルトを獲得している鼓太郎が加わることにより豪華なタッグとなった。Hi69&田中&鼓太郎組のセコンドには直前で欠場となった小川良成がついた。かつて小川&鼓太郎組としてジュニアタッグのベルトに挑戦したこともあり、鼓太郎の退団後、再び同じリングに立った2人を見たとき何か感じるものがあった。試合前には小川と鼓太郎が握手。対するは大原&熊野の「背面砕者達(バックブリーカーズ)」にHi69、田中、小川と同じユニット「Special4」に所属する諸橋の変則タッグ。最初から熊野は鼓太郎へ一直線に攻めていく。鼓太郎も多くの団体で実績を上げてきた経験とキャリアの差を見せつける。試合途中、熊野のアルゼンチンバックブリーカー、諸橋のグリップラークロスフェイス、大原のムイビエンの共演も見られた。
f:id:VVHITE:20180903162805j:image
外敵鼓太郎に果敢に攻めていく熊野だが、緑の意志を受け継いだ鼓太郎は強かった。師匠である故・三沢光晴さんを彷彿とさせるエルボーで流れを変え、最後はブルーデスティニーで3カウント。試合後に大原が鼓太郎をジュニアリーグ戦へのエントリーを薦める。鼓太郎は参戦表明し

 

「今のノアのジュニアは最弱だ」

 

と言葉を残すと、熊野筆頭に鼓太郎に襲いかかり乱闘になる。鼓太郎がノアに参戦し、ジュニアリーグでどのような爪痕を残していくか。

 


♦第6試合♦

f:id:VVHITE:20180903162833j:image

純粋なノアヘビー級の闘いに王道・太陽ケアが参戦。ケアは2004年、ノア初の東京ドーム大会にて、武藤敬司とタッグを組み、三沢&小川組の持つタッグベルトに挑戦するが敗北。その後、2011年ノアに流出した三冠ベルトを取り返す為、ノアマットで秋山準に挑戦し敗北した。あれから7年。再びノアのリングに立ったケアにも注目していた一戦。対する潮崎組は欠場となった小川の代役としてノアでは敵対しているKAZMA SAKAMOTOが参戦。潮崎&清宮との異色タッグとなった。中嶋&北宮のジ・アグレッションズは抜群のチームワークを見せる。ケアも存在感を十分に見せ、潮崎と打撃戦を繰り広げる。ヘビー戦線へ食い込んできた清宮も大きな会場の雰囲気に呑まれることなく力を見せつけた。最後はKAZMAが捕まり、北宮と激しくぶつかり合うが力で勝る北宮がラリアットからサイトースープレックスで3カウント。

 

 

NEW Style③

3回目の今回はNEWSへの想いと味スタ公演の個人的な感想を綴っていきます_✏


僕のNEWSの初ライブは2013年のツアー。
8月の大阪公演。後のDVDで判明するが、まっすーにJからの指令があった日。まっすーの一発芸をこの目で見てた😊


その後は…


2014年→テゴマスの青春
2015年→WHITE
2016年→QUARTETTO
2017年→NEVERLAND
2018年→EPCOTIA


と、幸運にも今のところ全てのツアーに参戦できている。が、オーラスの経験はないです💦

 

そしてデビュー15周年の今年。5月のさいたまスーパーアリーナでの15周年ライブ開催の発表❗

 

場所はNEWS初の味の素スタジアム🏃

 

EPCOTIAツアー終了からおよそ2ヶ月半後の記念すべき大型ライブ。

 

盛大なお祭りの予感…😆😆

 

8月11日、初の味スタ公演。
前回2回にわけて書いたレポと重複する部分もあるかと思いますが💦ご了承ください💦

 

 

その前に、野外ライブで頭をよぎるのは、2013年7月の秩父宮ラグビー場。その時僕はまだライブに行っていなかった。豪雨によるライブの中止、帰宅難民者や体調を崩した人が多く出たことをニュースで見た。これを読んでくれてる人の中にはその場にいて大変な思いをした人もいるかと思います。しかし、SNS等で僕は見ました。

 

 

ライブが中止になり、雨に濡れながらもお客さんの誘導を続けたメンバー

 

お客さんへ謝罪し最後までステージを降りなかったメンバー

 

 

それは優しさとかそんな簡単な言葉ではなく、メンバーのファンへの想いからくる行動だと僕は思っている。本来ならアーティストはいち早く避難するものだが、集まってくれた多くのお客さんが無事に退場できるまで謝罪をしながらも誘導を続けたメンバーの想いはとてつもなく強い。


雨で濡れたうちわを握りしめるファン。
涙で濡れた心をケアしようとするメンバー


メンバーにもファンにもトラウマとなってしまう出来事だったといえる。あれから5年…


15周年の記念にNEWSが選んだ場所は…
味の素スタジアム。野外です。


5年前の悪夢が頭を巡ってしまうが、それを払拭しようと決めたのだろう。さいたま公演のときのMCでシゲが言っていた。


「野外の悪い思い出を良い思い出にアップデートしたい」


その言葉に心打たれた😢
5年前、多くのファンが救急車で運ばれた状況を知っているメンバーが一番つらいはず。しかしここで野外を選んだのはシゲの言葉が全てだと思う。あの時のつらく悲しい思い出は決して忘れてはいけないが、楽しく幸せな思い出に書き換えることでメンバーもファンもまた一歩、次のステージに進める。そしてその幸せな思い出をずっと心に残し続けていける。

 


f:id:VVHITE:20180828213757j:image

そして運命の日。。

 


予報では決して良い天気ではない。当日も夕方雨が降ったりと、不安要素満点だったが、気持ちが通じたのか開場時間の頃には雨も上がっていた。


念のため、うちわやペンライトにビニールを被せ席についたが、雨が降らないことを信じてすぐに外した!


開演予定時間から15分ほど過ぎた頃、ようやく開演。もちろん雨は降っていない!

 


1曲目のBLUEから会場は大盛り上がり!


(省略)


開演から1時間ほど経ち、MCへ。
そこでメンバーから発表が。


開演15分前からスタンバイしていたメンバーにまだ2万人が会場入りしてないとのこと。時間通り始めることもできたが、オープニングは全員に見てほしいというメンバーの気持ちから開演時間を遅らせるという選択肢を選んだという。味スタの音出しできる時間は21時まで。分刻みで組まれたスケジュールのスタートが遅れたことでこのままいくと全曲披露することができなくなってしまう…予定通りMCを行い歌う曲を削るか、MCを削りセットリストを全部歌うかの2択を迫られたメンバーが選んだ答えは…

 

 

MC全カット!

 

 

通常のライブならMCカットはあり得ないことだが、長い時間をかけて組んだセットリストを全部聞いてもらいたいというNEWSの想いから決めたこと。メンバーの苦渋の決断を僕らは快く受け入れることができた。MCもライブの楽しみの一つであり、歌って踊るメンバーにとっては束の間の休息の時間でもある。それをカットして3時間近く歌い続けたNEWSは素直に凄いと思った!


しかし、ここで心配なのはメンバーの体調面。夜になったとはいえ真夏の野外は暑い。聞いてるだけの僕らでもこまめに水分補給をしないと倒れそうになるのに、メンバーはそれの何倍…何十倍も苦しいはず…体調面は最後まで心配だった。。

 

そんな心配もいい意味で見事に裏切られた。
NEWSは最後まで全身全霊で歌い上げた!
ここでもファンへの想いを感じることができた。


ちなみに2日目は時間通り始まり、MCもあったという。

 

NEWSが最後に選んだ曲は新曲「生きろ」

ドラマの主題歌でありながら、世間へのメッセージ性が強い曲。涙を流す人もいた。

 

 

 

 

 

 

 

2日間の15周年ライブは見事成功!
真夏の夜空に彩られた花火にも祝福されているかのように、NEWSと僕らの熱い夏は幕を閉じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に…ここ最近、世間的に騒がれたこともあり、心ない人から悲痛な言葉を聞くこともあった。しかし、NEWSが4人に減り、活動休止となった絶望なときもファンとともに乗り越えてきた。

 

 

芸能人だからとか、ファンが守ってくれるといって何をしても許されるわけではない。でも、ファンは毎日のようにNEWSのことを想っている。テレビに出るだけでも、ラジオで声が聞けるだけでも幸せと思ってくれるファンが日本だけでなく、世界にも大勢いることはNEWSにも届いているはず。間違いなくNEWSの存在は多くの人の心を動かしている。もちろん僕もその中の1人。どんなに批判があっても僕らはこれからも世間の人たちよりはNEWSの味方でいることを約束します!

 

 

決して届くはずない想いを綴ってしまいましたが、書き始めたら止まらなくなりました。。

 

これからもずっと応援していきます!

 

 

そしてNEWS15周年おめでとうございます!!

NEW Style②

ネタバレありですが、記憶を辿り書くので間違いがあったら教えてください。


では、レポです_✏
長くなりそうなのでダイジェスト形式にします。

 


18時15分
夕方の雨は上がっていた。

 


夢の時間の始まりはオープニング映像から。

 


過去のシングルジャケットを型どったケーキが並ぶ。懐かしのPVも流れすでに涙腺が緩むファンも出てきているだろう😢

 


NEWSニッポン~LPSまで紹介され、最新シングルのジャケットが出たところで「BLUE」の青い旗がステージの左右2ヶ所から掲げられる🎌

 

 

♪BLUEのイントロ
ステージ真ん中の奈落から4人が登場❗
すでにStrawberry🍓Tシャツを着ている。
手にはStrawberry🍓タオルを両手に広げ掲げる。
Jr.はなしの正真正銘4人だけのステージ❗

 

 

15thライブの始まりにふさわしいスタートだった。EPCOTIAでは披露されていないので事実上初披露となるBLUE。1曲眼からタオルを回す回す🌀

 


タオル回しはまだ続く🔃🌀🔃
2曲目の恋祭りへ→


恋祭りー☀夏祭りー☀恋祭りー


チュムチュム、サマラバとアゲアゲ⤴⤴ソングが続き、会場のボルテージも上がっていく😆


ここで流れてきたのは…

 

 

 

 

 


♪恋心溢れてるよ~

 

きましたBEACH ANGEL😆😆


13年の10周年が初ライブだった僕がずっと聞きたかった曲の1つ❗やっと聞けました(≧∀≦)


映像


4人がケーキ🍰を作るが完成形を見て…
おやっ💦💦さっきまで作ってたものと何かが違う…あるあるですな😁笑

 


15周年をお祝いするHappy Birthday🎂

 


太陽が沈み少し暗くなってきた頃に愛言葉。
夕暮れ時に歌いたい歌でメンバー全員一致したのはこれだったのだろうか😌時間通り始まっていたら夕暮れ時だったはず。2日目入った人ならわかるかも …

 


チャンカパーナ、SUMMER TIMEに続き、バクステからの外周でフルスイング、U R not alone。外周回りながら歌った2曲もしっかり心に響きました😌

 


MCの時間だが、ここでメンバーから発表が。
時間の都合上MC全カットとなった…


詳しくは次回。


MCが全カットとなった為、着席したのも束の間、次の曲へといく。

 


コヤシゲが捌け、ステージにはテゴマスが残る。
客席からは大歓声❗❗

まさかのテゴマス聞けるんですか😆😆
トイレタイム中に急遽歌ったQUARTETTOのドームの時とは違い、今回はセトリに含まれていた。

 


曲は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青いベンチ🎵🎵🎵🎵

 

 

最高でした😌😌


テゴマスの次は…
コヤシゲ来るか!?
全員が同じ気持ちだったはず❗❗笑

 

しかしコヤシゲではなく映像が流れる。

 


映像にはまっすーが衣装について語りはじめる。
まるで某番組のような📺❇

 


👕衣装へのこだわり
👕メンバーからみた増田貴久

 


まっすーが15周年に向けて「WHITE」からの4年をかけて考えていたことをここで発表。


それは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メンバーカラーの衣装❗❗

 


WHITE (ピンク=手越)
QUARTETTO (黄色=増田)
NEVERLAND (緑=加藤)
EPCOTIA (紫=小山)



f:id:VVHITE:20180823175955j:image
4年という長い年月をかけ4人のメンバーカラーを見事に揃えた😆✨


そのメンバーカラーの衣装で登場して歌う1曲目…

 

 

 

Share

 

 

 

かつて6人で作詞し、2012年秩父宮での再始動ライブで涙を流しながら歌った曲。それを6色のライトの中で歌い上げた❗


Share

Touch

エンドレスサマー

ヒカリノシズク


僕的にはこのブロックが一番好きだった😌

 

ここで再び映像。
どんな映像だったか曖昧なので省略します💦

 

 

暗闇の中、バンドが登場し
画面に「夜よ踊れ」の文字が

 

 

「夜よ踊れ」
それこそ新しいNEWSの形だと思う❗
今までにない新しいスタイルの曲🎵

 

 

シゲさんのセリフはすごかったねー

 

「君の、君の美貌が僕を狂わせた」

 

あの瞬間の会場が静かになったときの一体感✊みんな聞きたかったんだよね😊😊

 


そこままROCKコーナー⚡
夜よ踊れ

JUMP AROUND

紅く燃ゆる太陽

BLACK FIRE

暗くなった会場に燃え上がる炎🔥
会場の"暑さ"が"熱さ"に変わる!

 


再び映像。
デビュー当時の挨拶が流れ、現在から15年前へのキミ(自分)へメッセージ。

 


ライブ終盤は15thメドレー。
NEWSニッポン、渚のお姉サマー、NYARO、
星をめざして、チェリッシュ、四銃士(初日のみ)、4+FAN。Stand upの掛け声とともにメンバーはステージ裏へ、とある箱から取り出したTシャツへと生着替え。この箱こそ、ニューシングル「生きろ」のスペシャルBOX版、そして特典のTシャツであることをさりげなく発表。

 


Stand upの掛け声は続く。ステージに戻りStand up、希望~YELL~のあとにSHOCK ME 2013。この曲で5年前からのモヤモヤが一つ解消した。

 


間奏中にまっすーが歌うラップがずっと気になっていた。今回なんと歌詞が出てた😆❗早くて追い付けなかったけど、ちゃんと歌詞があるのを知れてよかった👍映像化もしくはシングルのカップリングに入ることを信じて待つ⤴⤴

 


KAGUYA、サヤエンドウ、裸足のシンデレラボーイ、BYAKUYA、さくらガール、Fighting Man、
LPS。

 

ちなみにKAGUYAのときメインモニターには、QUARTETTOでシゲがDVD特典で撮影した映像が流れていた。もっとじっくり見たかった😣

 

 


残すは1曲…
ここで改めてシゲから最後の言葉。15年間の感謝そしてこれからへのメッセージ。

 

 

最後の曲はもちろん 😌


f:id:VVHITE:20180823180023j:image

 

 

 

 
f:id:VVHITE:20180823180854j:image

「生きろ」 何万回 言ったって 何万回 聞いたって
負けそうにまたなるけど
いいさ 懸命に誓った 仲間の絆を 道しるべに
だから 何万回 転んだって もう一回 踏ん張って
また歩き出せるだろ?
たとえ0からだって 終わりじゃないさ
燃え尽きるまで 生きていく

 

 

 

力強いメッセージ性のある曲。

 

 


ラストには花火が打ち上がり最幸の形で15周年ライブの幕は降りた。

 


やっぱり長くなってしまった😅💦

次回は個人的な感想を綴ります✏

NEW Style①


08/11~12の2日間。東京・味の素スタジアムにてNEWS 15th Anniversary LIVE 2018 Strawberryが開催されました。今回は参戦した初日のレポと感想を3回に分けて書きます。

 

 

タイトルは15周年を経てこれからNEWSの新しい形を作っていくだろうという意味でつけました。半分洒落ですが😅💦笑

 

 

~ライブ開始まで~

 

08/11(土)ライブ当日
08/08、08/09のプレ販の様子はチェック済み。
売り切れも出たりと不安もあったので、なるべく早めに出発➰🚙


午前4時に出て特に渋滞にハマることなく無事到着。味スタの駐車場は混むことを予想し近くの駐車場を予約してあった。


到着したのは午前6時。
早すぎかなと思いグッズ売り場へ向かう→

 

おやおや💦💦

 

 

味スタへ続く歩道橋を行くたくさんの人…
どうやら始発の到着と同時になってしまったようだ💨💨

6時半ちかくで僕らの前には200人ほどの人が並んでいた…遅かったか😣それでも並ぶしかない💦

 


f:id:VVHITE:20180817084032j:image

列も徐々に伸びてきたところで、列が動く。
先頭がメインゲートを越え、味スタ周りを4分の1ほど周り階段下へ。そのままバス停のある駐車場の方へきた辺りで列が止まる。

 

 

炎天下の中で列が止まり、、

 

スタッフ「ここからしばらく列が止まるので、前の方から順に座ってお待ちください」

 

 


ここから暑さとの長い闘いが始まる…👊☀

 

 

 

とにかく暑い…ずっと暑い…

時間が経つにつれ日陰もなくなり☀💦
並んでる人にも疲労が…

こんなのであと数時間大丈夫かと思った💦

 


炎天下の中、駐車場の中まで列が伸び、ざっと見積もって並んでる人は1000人は軽く越えてるであろう💦

 

 

9時45分。
スタッフから列が動くとのこと。
進んだところでグッズ売り場のテントが✨✨

 


やっとゴールが見えた❗

 


10時になり予定より1時間早く販売開始。
かなりの広さの売り場。ドームよりも多い窓口。
これならすぐ買えるだろうと思ったのが間違いだった💦💦

 


みんなここぞとばかりに買う量が多い💨

 


そりゃ2日しかないし買うよね😄
そんな中僕は最低限のものしか買ってないです💦

⭕ペンライト
⭕うちわ(手越、加藤)
⭕クリアファイル
⭕フォトセット

これだけです😅💦

ちなみに今回のペンライトはStrawberryにちなんだ…というかそのまんまのデザイン☀

 


フォークに刺さったイチゴ🍓
f:id:VVHITE:20180817084122j:image


f:id:VVHITE:20180817084142j:image

 

これで世界一豪華なケーキを作ってお祝い👍

 

 
f:id:VVHITE:20180817184121j:image

 ↑クリアファイル

 

 

11時。グッズも購入し、あとはライブが始まるのを待つだけ。
f:id:VVHITE:20180817084302j:image

 

お昼を済ませたが開場まで5時間近くある…
さぁどうしよ…

 

暑い中並び続けてもちろん汗だくだったから、シャワー浴びたいという話になり、温泉♨でも行くかと😄

 

 

探してみると…
いいとこあった⤴⤴⤴

 


味スタから車で20分ほどのところ。

「読売ランド丘の湯」
f:id:VVHITE:20180817084627j:image

入場料は土日祝日750円!安い!
ちなみに通常は650円。
(繁忙期は値上げあり)

 

よみうりランドのすぐ隣✨

f:id:VVHITE:20180817084717j:image


着いた時には雲行きが怪しく、小雨が降りだしてた💦💦急いでお風呂へ🎵🎵

 


露天風呂も満喫し、さっぱりして上がりロビーでこんなの見つけた。

 

JUMPが載ってる宮城のパンフレット。
f:id:VVHITE:20180817084239j:image

中にもJUMPいます。

f:id:VVHITE:20180817084337j:image

f:id:VVHITE:20180817084347j:image

山田&知念&八乙女

 


f:id:VVHITE:20180817084354j:image

伊野尾&高木

 


f:id:VVHITE:20180817084404j:image
有岡&岡本

 


f:id:VVHITE:20180817084410j:image

 薮&中島

 

 

外に出ると結構な雨が降っていた☔ライブ中の雨に備え、100均でグッズを守る袋を購入。

 

 

 

準備は万端👍👍
さぁ味スタへ戻ろう⤴⤴


16時過ぎ。
味スタ到着。かなりの人…ひと…ヒト…
メインゲートが1つしかないせいか、ドームの時より人が多く感じた💦


入口へ向かい恒例の緊張タイム💦💦
チケット発券…


結果は…

 

 

 

 

 

 


アリーナ😆😆😆
中へ入るとお城のようなステージ。


真後ろは通路のようでかなりのスペースがある。
ここ絶対通るでしょー⤴⤴

 


1曲目は何だろう!?
どこから出てくるんだろう!


いろいろ考えたりして、開演1時間前から興奮が抑えられない💨❗


しかしそこで問題が…

 

 

 


開演10分前になっても空席が目立つ…
始まるけどこれ間に合うの?
スタンド結構空いてるよ💦

 

案の定18時になっても始まらない…

 

18時15分頃…
やっと埋まってきて照明が消えた✨❗

 

いよいよ夢の時間が始まる😍😍

再始動②

ライブ開演✨✨

オープニングは2年前の"10ks"の最後に歌った曲、「君のユメ 僕のユメ」から始まる。それぞれが別々の道へ進んだ3人が、再び集まる演出。

f:id:VVHITE:20180720014800j:image

1曲目からお客さんも大合唱🎵🎵

3人の登場、そしてKAT-TUN完全復活の瞬間にお客さんの興奮度が最高潮に達したところで2曲目へ。

 

Real Face#2✨
これは3月22日に行われたファンイベントで初披露された曲。出だしの亀→中丸君のボイパ→上田君のラップと新生KAT-TUNと呼んでもいいだろう。ファンイベントは外れた為、LINE LIVEで見て、上田君のラップを聞いたときは鳥肌立った💦❗

まさかあの暗黙の空白部分が復活するとは😆
生で聞けて感謝です🌟🌟

 

それから過去の名曲を数々披露。
充電期間中にそれぞれが行ってきた活動が映像で流れた。充電期間中の個人活動を簡単に振り返ってみる。

 

 

 

 

 

**********************
💗亀梨和也💗
◎ボク、運命の人です。(主演)
◎亀と山Pデビュー
24時間テレビメインパーソナリティー
◎時代をつくった男 阿久悠物語 (主演)
◎自身初ソロコンサート
◎FINAL CUT (主演)
JR博多シティ7周年イメージキャラクター

 

💙上田竜也💙
◎視覚探偵 日暮旅人 (鶴田亀吉 役)
◎ジャニーズ大運動会 (J-RED監督)
◎舞台 新世界ロマンスオーケストラ (主演)
◎新宿セブン (主演)
◎ヨーロッパ1300km ガチンコラーメン屋台

 

💜中丸雄一💜
◎マッサージ探偵ジョー (主演)
◎ジャニーズ大運動会 (J-WHITEリーダー)
◎世界ルーツ探険隊 (MC)
◎おたすけJAPAN (MC)
◎天才キッズ全員集合~君ならデキる‼~ (MC)
◎家事ヤロウ‼! (MC)
◎中丸君の楽しい時間2 (構成・演出/出演)
**********************

 

 

 

 

抜けてるものもあるかもしれないがライブレポの続きへ。


中丸君の楽しい時間2で行ったミニチュア演出。
レーザーや水の演出を見事に表現⤴⤴

♪HEART BREAK CLUB
♪KISS KISS KISS
♪I LIKE IT
♪YOU

懐かしい曲もあったなぁ😌🎵

Polarisでは上田君のピアノ🎹
中丸君のボイパ、亀の歌が見事にマッチ。

この曲は23枚目のシングル"Dead or Alive"初回限定盤1のカップリング。

 

~MC~
KAT-TUN節炸裂のMC楽しかった😆
3人の立ち位置も見慣れてきたよ(^^)v
これからも3人のMC楽しみにしてます!

後半でソロコーナーあり✨

 

RAY💗亀梨ソロ
空中でのパフォーマンスは圧巻💡💡
ドリボで長い間やっていた空中技。ライブでは舞台とは違った魅せ方をする亀はさすが🎵

 

愛のコマンド💙上田ソロ
10ksに引き続きドーム内をバイクで爆走❗❗
バイクだけでなくマシンガンをぶっ放す🔫🔫🔫
いやぁーカッコよかった🌠

 

RIGHT NOW💜中丸ソロ
今年もレーザー演出はさすが♐シューイチでいろんな技を習得してるから、今後見たいな😆


シングルメドレー🎵🎵からの新曲。
亀主演ドラマの主題歌でありカウコンで初披露したAsk Yourself。今回のツアーロゴでもある3本の矢をイメージした振り付けがある💡💡

f:id:VVHITE:20180720015010j:image

こちらも新曲"Sweet Birthday"で本編終了。

 

~アンコール~
新曲"FUNtastic"で登場✨
タメ旅テーマソング"GREATEST JORNEY"へと続き、ライブでおなじみのpeacefuldays🌟

 

~Wアンコール~
お客さんの声援に答え再び登場💡💡
最後に選んだ曲はハルカナ約束😆😆


充電期間にそれぞれが成長し、更なる高みを目指し集結🔃それを待ち続けていたファン。再び歩き出したKAT-TUNは止まることなく進み続けていく。次は8月から始まるライブツアー「CAST」🎤

 

僕は8月25日の静岡公演に行くのでまたネタバレしない程度に書きます✏