日常と非日常の記録

29歳の男です。ここでは趣味(ジャニーズ、ディズニー、プロレス)を主に書いてます。ライブ・ディズニーパーク・プロレス観戦など非日常空間でのレポや想いを綴っています。

サインコレクション(ドラゲー編)

会場でもらったサインまとめ✏

第2回はドラゴンゲートです。

※時系列が正確ではないので、リングネームに多少の違いがあります💦

 


f:id:VVHITE:20180927121113j:image

イタリアンコネクション

YOSSINO(現・吉野正人)選手/アンソニー・W・森さん

※この一枚のみ闘龍門JAPAN時代のものです。

 

f:id:VVHITE:20180927121220j:image

谷嵜なおき選手


f:id:VVHITE:20180927121249j:image

m.c.KZ.(現・Kzy)選手


f:id:VVHITE:20180927121314j:image

アンソニー・W・森さん


f:id:VVHITE:20180927121353j:image

K-ness.選手


f:id:VVHITE:20180928145214j:image
【WARRIORS-5】

CIMA選手/Gamma選手【大阪06】

KAGETORA選手/横須賀享選手

(右下は現在のYO-HEY選手です)


f:id:VVHITE:20181003102626j:image

ジミーカゲトラ選手

f:id:VVHITE:20181003102701j:image

Mr.キューキュー"谷嵜なおき"豊中ドルフィン選手


f:id:VVHITE:20181003102747j:image

 "ミスター・ハイテンション"琴香さん


f:id:VVHITE:20180927121712j:imagef:id:VVHITE:20180927121721j:image
【クネスカ】横須賀享選手&K-ness.選手


f:id:VVHITE:20180927121753j:image
f:id:VVHITE:20180927121823j:image

【WORLD-1】(左上から時計回りに)

吉野正人選手→土井成樹選手→B×Bハルク選手→PAC(現・ネヴィル)選手


f:id:VVHITE:20180927122959j:image

【ジャンクションスリー】

(左上から時計回りに)

鷹木信悟選手→望月成晃選手→YAMATO選手→Gamma選手→横須賀享選手

 

f:id:VVHITE:20180927123549j:image

(左)【ディアハーツ】(上から時計回りに)

ハルク選手→ビッグR選手→キッド選手

(右)【ミレニアルズ】(上から時計回りに)

T-Hawk選手&U-T選手&リンダマン選手

f:id:VVHITE:20180927122532j:image

(左)ジミーススム選手

(中)CIMA選手&ドラゴン・キッド選手【CK-1】

(右)堀口元気H.A.Gee.Mee!!選手


f:id:VVHITE:20180927122725j:image

ドラゴンキッド選手/ヨースケサンタマリア選手


f:id:VVHITE:20180927122804j:image

B×Bハルク選手/YAMATO選手


f:id:VVHITE:20180927122829j:image

(左)Kzy選手/横須賀ススム選手

(右)吉野正人選手/土井成樹選手



~番外編~

ガチャで堀口選手のストラップが出たとき、ちょうど売店にいた堀口選手に報告したら、なんとストラップの裏にも書いてくれた!
f:id:VVHITE:20181004080330j:image

 

どの団体よりも多くもらっているのが、ドラゴンゲート。最初はパンフレットにもらっていたけど、毎回パンフレットは買うが、途中から色紙にもらうことに変更した。それには理由がある。パンフレットにもらうのも思い出にはなるが、色紙に複数人書いてもらうことにより、その時のユニットやタッグを残しておくことができる。ユニットが解散してしまったり、タッグを解消してしまうこともあるので、2度と同じタッグが見れない可能性があるから。

 

鷹木選手、望月選手、Gamma選手、ススム選手、YAMATO選手の5人から一枚の色紙にもらえたのも、5人が同じユニットに所属していたからこそもらえたもの。こんな豪華なサイン色紙はもうもらえないと思う。

 

最近では名前を入れてほしいとお願いして、入れてもらうこともある。サイン会の時は他にもお客さんが多く並んでいるので言いづらいが、応えてくれた。地方の小規模会場だからかもしれないけど…感謝します。

 

サイン会はもちろんだが、売店にいる選手も優しく対応してくれることが多いので直接応援の言葉をかけることができる。今後も行ける限りは会場に足を運びたい。